副業おすすめランキング

在宅でもできる副業は?

みなさんは副業を考えたことがありますか?やむをえない場合や、別に必要がない場合などそれぞれですが、稼ぎが多いにこしたことはないですよね。副業といっても、大々的にできる人のほうが少ないですよね。主婦やサラリーマンなどでは家にいる時間で少しできたらとか、その程度で希望する人が多いのではないでしょうか。

副業としてやりやすいものとしては在宅でできるビジネスですが、それらは調べれば調べただけさまざまなものがありますよね。でも効率などを踏まえた収入としてはいまいち満足のいかないものなどが多く、選択が難しいものです。副業を在宅ビジネスで始めようと考えている方は、在宅での空いた時間に効率よく稼ぎたいとか、できればすぐにいやになったりしないようなやりがいのある仕事がいいとか、趣味の延長上でなどそれぞれに希望があると思います。

在宅での副業初心者など、どのビジネスを選べばいいのか、自分に適したというのが何か解らない場合は、まず情報提供とサポートをしてくれるようなサイトもありますから調べてみてください。副業の総合ランキングなどもありますから、それを参考に安全な在宅ビジネスを見分け、無理のない副業で稼いでいきましょう。

モーニングコールの副業とは?

自宅での朝1〜2時間の仕事なので副業として人気があるのはモーニングコールをするというコールサービスの仕事です。依頼主を毎朝電話で起こしてあげるというのが仕事になるわけですが、毎朝確実に早起きをするというわけで、ある程度の犠牲は覚悟して責任を持つ覚悟がなければ務まりません。

モーニングコールの仕事は、基本的に平日の早朝になります。契約を結ぶ依頼主は多い場合でも20名前後となります。一人に3分かかってしまえば1時間は掛かりますよね。実際にはもう少し掛かるかもしれません。収入は、会社によっても違いますが1件100円程度ですから、ざっと時給2000円といったところですね。副業としてはなかなかの魅力ではないでしょうか。

副業としてテレビでも紹介されただけあって、モーニングコールは注目されています。モーニングコールサービスはお客さんを電話で起こすというものなので、顔や年齢は全く関係なく声の印象が採用のポイントになります。朝ですから爽やかならば大丈夫でしょう。気になる方は各モーニングコール会社のホームページに募集広告が載っていて、面接は電話で数回行なわれようなので、まずは申し込んでみてください。でも人気の副業で、求人の新規募集はなかなか行っていないという話ですよ。

副業に最適な短期バイトの体験談

Google

副業関連リンク

ネット副業最新情報

アップルとGEがIoTで提携、「iPhone」「iPad」向け産業用アプリ提供へ(CNET Japan)

“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展(ITmedia NEWS)

国内プライベートクラウド市場、2021年に1兆6000億円規模に IDC調査(@IT)

Dell EMC、Microsoftユーザーのサポートを強化し、複数製品をアップデート(@IT)

Amazonの音声アシスタント「Alexa」で複数ユーザーの音声聞き分けと個別対応が可能に(ギズモード・ジャパン)

Facebookとグーグル、反移民広告に協力か--米大統領選の期間中に(CNET Japan)

DisplayPortの“電源オフ問題”を回避するアダプタが登場(Impress Watch)

MRだけじゃない!! 日本語フォント「UDデジタル教科書体」にも注目――Windows 10 FCU(ITmedia エンタープライズ)

PCでフリック入力できる「FlickTyper」が店頭販売、スマホを“PCキーボード化”(Impress Watch)

「AlphaGo Zero」──ビッグデータ不要のAI棋士が自己対局のみで世界最強に(ITmedia NEWS)